マイナンバー管理ソフト

マイナンバー管理ソフト

マイナンバー管理ソフトは必要でしょうか?

 

マイナンバー法の罰則が厳しいですので、出来るだけマイナンバー管理ソフトを使うことをオススメします。なぜなら、管理の甘い会社が続出するマイナンバー制度の立ち上がりを狙って、一気にマイナンバーを盗み出そうと詐欺組織は考えているからです。

 

そもそもマイナンバーって?

マイナンバー制度は2015年から順次配布されて、その後2016年から色々なものに適応されていきます。個人での活用はもちろんのこと、企業勤めの人はこれを会社に届け出る必要ができてます。このマイナンバーの使用の分野は現在のところ社会保障・税・災害の分野での活用が想定されていますが、企業が管理する場合が社会保障や税の部分の書類管理や手続きを行うためマイナンバーを会社に提出するというふうになります。

 

具体的な例としては、源泉徴収票や厚生年金保険被保険者資格取得届、健康保険被保険者資格取得届の作成などの福利厚生の部分で必要となってきます。また年金事務所や健康保険組合などへの被保険者資格取得届や、税務署関係に提出する書類にも必要になります。

 

 このようにかなりの部分でマイナンバーが様々に利用されるため、まず2016年にはそれに伴う情報管理のセキュリティやシステムや社員研修などを大幅に変化しないといけなくなります。大企業ならその点はしっかりとするわけですが、中小企業だと負担はかなり大きくなりどこかしらの不備が出てくる可能性ができてます。このマイナンバー法の管理については個人情報保護法よりもさらに厳しい管理と罰則を受けることになるので、信用問題として対策をしなければならなくなります。

 

早い企業では2015年中にこのような手続きを始めるところもあり、2016年の本格的な導入時に完了している予定で動いているところもありますが、中小企業だと実情としてま認知度の問題や手続きなどに問題が出てきそうというのが予測されています。